糖尿病と診断されてしまったあなたへ

 

糖尿病と診断されてからの私は、食べることも、お酒を飲むことも、

血糖値が気になって心の底から楽しめなくなってしまいました。

 

好きなものを食べることにも罪悪感を感じてしまうし、

友だちに飲みに行こうと誘われるのも辛くなってしまったのです。

 

「こんな生活から早く抜け出したい・・・。」

 

と、血糖値を上げない食事法、血糖値を下げる食材、漢方薬、サプリメント、運動、ツボ押し、糖尿病に良いと言われることはなんでも試しました。

 

でも、少し良くなると油断してつい食べてしまう、お酒を飲んでしまう。

そして、また悪化して慌てて節制する。そんな繰り返し・・・。

 

何年もそんなことを繰り返すうちに、

糖尿病を治療することにすっかり疲れ果て、自信を失い、

ますます自分のことが嫌いになっていったのです。

 

 

しかし、そんな私は変わりました。

 

 いつも糖尿病に悩んでいて、リバウンドを繰り返して、

自分のことが大嫌いになっていた私が、

薬を使わずに血糖値をコントロールできるようになったのです。

 

しかも、

 

「我慢せずに食べたいものを自由に食べながら」

「たいした運動もせずに」

 

です。

 

 

なぜなら、糖尿病の治し方が根本的に間違っていたことに気づいたからです。

私と同じように糖尿病に悩んできたあなたは、

これを聞いてもすぐには信じられないのではないかと思います。

 

きっと、

 

「でも、糖尿病は糖質の摂り過ぎやお酒の飲み過ぎが原因でしょ?」

「私は糖尿病家系だから無理だわ」

 

と、思われたのではないでしょうか。

 

 

私もずっとそう思っていました。

 

でも違うんです!

 

 

糖尿病の正しい治し方を学んで実践すれば、

「努力して、我慢して、頑張らなければならない糖尿病治療」から解放されます。

 

 

私は医者でも管理栄養士でもありません。ですから科学的根拠に基づいたことをお伝えすることはできません。

 

しかし、私は自分の経験から、

糖尿病の治療には目に見える「科学的な根拠」がないところ、つまり、糖尿病の治療に本気で取り組めない、または一時的にできてもリバウンドを繰り返してしまう最大の原因と思われる

 

「なぜ食べてしまうのか自分でもわからない」

「身体に悪いとわかっているのにどうしても食べてしまう」

 

といった、糖尿病の治療に取り組む以前の

「説明できない気持ち」を引き起こす「心のあり方」に

糖尿病を改善できるかどうかの秘密が隠されていると確信したのです。

 

 

これまでの食事と運動で糖尿病を改善しようとするやり方は

逆に糖尿病を一生治らない病気にしてしまいます。

 

たしかに食生活の改善は糖尿病の治療には大切ですが、

「心のあり方」を変えずに食事制限をすることは

逆にストレスが酷くなるので糖尿病を悪化させてしまうのです。

 

私が辿った糖尿病治療は

 

1.食事の制限

2.継続できる適度な運動

3.心のあり方の改善

 

でした。

 

でも、もし私が糖尿病を再発するようなことがあったら、

 

1.心のあり方の改善

2.継続できる適度な運動

3.食事の制限

 

の順番で治療していきます。

 

この順番で治療を行なわないから

糖尿病は治らない病気と言われているのです。

 

なぜなら、糖尿病は慢性的に感じている

焦燥感やイライラや不安といったストレスが原因の心身症だからです。

 

ストレスを自分でコントロールできるようになることが

実は糖尿病を改善する第一歩となるのです。

 

 

では、どうすれば糖尿病の治療に取り組む以前の

 

「なぜ食べてしまうのか自分でもわからない」

 

「身体に悪いとわかっているのにどうしても食べてしまう」

 

といった「説明できない気持ち」を引き起こす「心のあり方」を

変えることができるのでしょうか?

 

それをお伝えするために私が歩んできた糖尿病治療の紆余曲折を

先ずは読んで頂きたいと思います。    

 

 

私の糖尿病体験記「糖尿病は心の病気です」を読む